山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

陽川と江越が存在感を…阪神元“大砲候補”の新境地に期待

公開日: 更新日:

 怪物ルーキー・佐藤輝明が早々にプロ第1号を放ち、外国人大砲のサンズも大活躍、大山悠輔梅野隆太郎といった生え抜きの主力も順調な滑り出し……阪神の開幕3連戦はひとまず心が落ち着く戦いぶりだった。オープン戦で絶好調だっただけに、逆に開幕したらダメなんじゃないか、と小心者ならではの不安に駆られていたのである。

 特に第2戦、佐藤の特大ホームランの陰に隠れがちだが、九回表の阪神の攻撃も実に見応えがあった。先頭打者として登場した途中出場の陽川尚将が少ないチャンスで持ち味の長打力を発揮するホームラン。さらに1死から四球で出塁したサンズの代走として出場した江越大賀が、自慢の俊足を生かして二盗のみならず三盗も成功させた。

 陽川も江越も20代が終わりに近づくアラサー中堅選手。金本知憲前監督時代には将来のクリーンアップ候補として期待されていた2人だが、今では大山と近本、さらには佐藤の出現によってレギュラー争いから大きく後退し、若虎と呼ばれることもなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る