松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

一人の“脱走者”も見逃さじ…東京五輪選手村の鉄条網や監視塔の設置はまだか?

公開日: 更新日:

 誰に何を言われようと東京五輪やるんだそうだ。

「うちの町は感染者ゼロなのに子どもたちの運動会は無観客だよ」

 という下々の声には聞く耳持たず。サッカー野球も上限1万人でやってるってのに、総理ったら2万人入れるんだってヨ。内訳は国内の有料観客をほかのスポーツイベントに倣って1万人。プラスIOC関係者1万人。え! あとは関係者かよ!

 IOC関係者の内訳は、家族やら親戚やら友だちやら。ぞろぞろファーストクラスでフリーパスでご来日になる方々のVIP席だ。プラス1万席は赤絨毯敷いてご用意申し上げないとバッハさまの逆鱗に触れますシ。

 東京・晴海の選手村のそばを通ると気付く。夜でも電気がついてる。ははあ、掃除のおばちゃんやリネン業者も出入りし始めたんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る