新谷仁美が3.6東京マラソン挑戦 “長距離嫌い”決意した本気度とプロ意識

公開日: 更新日:

「スポンサーの広告塔じゃないのか」

 そんな声が聞こえてきたのは、新谷仁美(33)の東京マラソン(3月6日)挑戦だ。21日、所属する積水化学が発表した。

 新谷は昨年の東京五輪1万メートルは21位と惨敗。自身の日本記録(30分20秒44)より2分以上も遅れ号泣した。9月から練習を再開し、11月の全日本実業団女子駅伝ではチームの優勝に貢献。その10日後にはアディダスと契約。2024年パリ五輪を目指すことを表明した。

 新谷は13年世界陸上モスクワ大会1万メートルで5位入賞を果たすも、翌年は右足故障が治らず、一度現役を離れた。その7年前、初マラソンの第1回東京マラソンで優勝。マラソンの自己記録は2時間30分58秒(09年名古屋)。13年ぶりのフルマラソンなら注目度は高く、新スポンサーのシューズを宣伝できる。「新谷は本気ですよ」と、ある陸上関係者はこういう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?