IOCバッハ会長がゼンレンスキー大統領と会談 2034年五輪はウクライナで決まりか?  

公開日: 更新日:

 復興アピールの舞台となるか。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は3日、ウクライナのキーウでゼレンスキー大統領と会談した。

 バッハ会長はロシアの侵攻当初に設立した250万ドル(約3億3800万円)のウクライナ支援を3倍の750万ドル(約10億1300万円)に増額し、改めてウクライナのアスリートらを支援すると約束した。

 一方、ゼレンスキー大統領は「多くのアスリートが練習機会を失い、施設が破壊された。今は国を守るため戦っていて(アスリートや指導者の)89人が死亡、13人がロシアの捕虜になっている」と述べ、国に平和が戻った後、五輪を招致したい意向も伝えた。

 ウクライナは昨年9月、2030年冬季五輪招致を発表したが、ロシア侵攻によるミサイル攻撃で国は壊滅状態。今年中に戦争が終わっても、復興に要する時間などを考えれば、来年のIOC総会で30年五輪がウクライナの都市に決まることはないだろう。

 とはいえ、IOCとしても、ロシアに苦しめられたウクライナ国民の再起と「焼け野原」からの復興を世界にアピールできれば、「平和の祭典」の存在意義は再び高まる。20年東京五輪は「東日本大震災の被災地に夢と希望をもたらす」と、「復興」を招致活動に利用し、被災者からも批判の声が上がったが、ウクライナに平和が戻った証しならそんな声は皆無だろう。30年五輪はロシア侵攻で時間的余裕がないのなら、34年はウクライナの都市で開催される可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず