• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「潮鳴り」が話題 葉室麟氏に聞く

<挫折や失意の底に沈んでからこそが人生>

 第146回直木賞受賞作家の葉室麟氏による時代小説「潮鳴り」(祥伝社 1600円)が、今月末刊行される。前作「蜩ノ記」と同じ豊後・羽根藩を舞台とするシリーズ第2弾の本書について、葉室氏に語ってもらった。

 物語の主人公・伊吹櫂蔵(いぶきかいぞう)は、かつては藩校で俊英といわれたほどの剣術と居合術の腕前の持ち主。3年前まで勘定方として出仕していたものの、率直な物言いがあだとなってお役御免となり、家督を弟に譲っていまや浮浪者同然の身の上となっていた。

 そんなある日、弟が自死したことから弟の志を知ることになり、周囲にバカにされながらも弟の代わりに家督を継ぎ、出仕することを決意する。

「ある程度の年齢まで生きてくると、失意を経験することや、大きな挫折をした友人を目にすることが増えます。しかし人間の真価というものは、順調に生きているときでなく、むしろ瀬戸際に追い詰められたときにこそ現れるのではないか、と思うのです。だからこそ、そんな人間が生きていく物語を書こうと思いました」と葉室氏は語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る