• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「狙撃者の悲歌」森村誠一著

 人生に落ちこぼれた山形は、暴力団曾根崎組の直系若頭・浜野に拾われ、見習になる。そんな中、組長の田所が急死、組内に派閥争いが勃発する。本家組長に決まった大原が狙撃され、ボディーガードを務めていた浜野は地下に潜り報復の機会を狙う。山形は鉄砲玉を志願。一方、工員の熊沢は拾った自転車が原因で女子高生暴行殺人事件の容疑者にされてしまう。事件時、熊沢は“マントル”を利用していたのだが、相手をしてくれた風俗嬢のユミコは熊沢を知らないと証言。熊沢は、無実を証明するため護送中に脱走する。同じころ、警官の桐生は、熊沢の犯行に疑問を抱き独自に捜査を始める。

 いくつもの事件が複雑に交錯する長編サスペンス。(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る