「狙撃者の悲歌」森村誠一著

公開日:  更新日:

 人生に落ちこぼれた山形は、暴力団曾根崎組の直系若頭・浜野に拾われ、見習になる。そんな中、組長の田所が急死、組内に派閥争いが勃発する。本家組長に決まった大原が狙撃され、ボディーガードを務めていた浜野は地下に潜り報復の機会を狙う。山形は鉄砲玉を志願。一方、工員の熊沢は拾った自転車が原因で女子高生暴行殺人事件の容疑者にされてしまう。事件時、熊沢は“マントル”を利用していたのだが、相手をしてくれた風俗嬢のユミコは熊沢を知らないと証言。熊沢は、無実を証明するため護送中に脱走する。同じころ、警官の桐生は、熊沢の犯行に疑問を抱き独自に捜査を始める。

 いくつもの事件が複雑に交錯する長編サスペンス。(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る