「狙撃者の悲歌」森村誠一著

公開日: 更新日:

 人生に落ちこぼれた山形は、暴力団曾根崎組の直系若頭・浜野に拾われ、見習になる。そんな中、組長の田所が急死、組内に派閥争いが勃発する。本家組長に決まった大原が狙撃され、ボディーガードを務めていた浜野は地下に潜り報復の機会を狙う。山形は鉄砲玉を志願。一方、工員の熊沢は拾った自転車が原因で女子高生暴行殺人事件の容疑者にされてしまう。事件時、熊沢は“マントル”を利用していたのだが、相手をしてくれた風俗嬢のユミコは熊沢を知らないと証言。熊沢は、無実を証明するため護送中に脱走する。同じころ、警官の桐生は、熊沢の犯行に疑問を抱き独自に捜査を始める。

 いくつもの事件が複雑に交錯する長編サスペンス。(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る

人気キーワード