「身元不明 特殊殺人対策官 箱﨑ひかり」古野まほろ著

公開日: 更新日:

 早朝、東京メトロ湾岸線日比谷駅のコンコースに設置された巨大水槽内に女性の全裸死体が浮かんでいた。水槽には被害者と別人の血液が詰められたペットボトルと左耳も入っていた。所轄の臨海警察署の刑事・浦安は、捜査本部を指揮するために本庁から到着した箱﨑管理官の姿に絶句する。25歳の女性管理官はあろうことかゴスロリファッションだったのだ。さらに箱﨑は、なぜか定年間近の浦安を管理官付に指名して、自ら捜査に乗り出す。なぜか箱﨑は現場ではなく、ゆりかもめ台場駅に直行。頭脳明晰な箱﨑の推測通り、構内のコインロッカーのスーツケースから遺体が見つかる。

 異色コンビを主人公にした本格ミステリー。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る

人気キーワード