「身元不明 特殊殺人対策官 箱﨑ひかり」古野まほろ著

公開日:  更新日:

 早朝、東京メトロ湾岸線日比谷駅のコンコースに設置された巨大水槽内に女性の全裸死体が浮かんでいた。水槽には被害者と別人の血液が詰められたペットボトルと左耳も入っていた。所轄の臨海警察署の刑事・浦安は、捜査本部を指揮するために本庁から到着した箱﨑管理官の姿に絶句する。25歳の女性管理官はあろうことかゴスロリファッションだったのだ。さらに箱﨑は、なぜか定年間近の浦安を管理官付に指名して、自ら捜査に乗り出す。なぜか箱﨑は現場ではなく、ゆりかもめ台場駅に直行。頭脳明晰な箱﨑の推測通り、構内のコインロッカーのスーツケースから遺体が見つかる。

 異色コンビを主人公にした本格ミステリー。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る