「身元不明 特殊殺人対策官 箱﨑ひかり」古野まほろ著

公開日:  更新日:

 早朝、東京メトロ湾岸線日比谷駅のコンコースに設置された巨大水槽内に女性の全裸死体が浮かんでいた。水槽には被害者と別人の血液が詰められたペットボトルと左耳も入っていた。所轄の臨海警察署の刑事・浦安は、捜査本部を指揮するために本庁から到着した箱﨑管理官の姿に絶句する。25歳の女性管理官はあろうことかゴスロリファッションだったのだ。さらに箱﨑は、なぜか定年間近の浦安を管理官付に指名して、自ら捜査に乗り出す。なぜか箱﨑は現場ではなく、ゆりかもめ台場駅に直行。頭脳明晰な箱﨑の推測通り、構内のコインロッカーのスーツケースから遺体が見つかる。

 異色コンビを主人公にした本格ミステリー。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る