日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あしながおじさん」ウェブスター著 土屋京子訳

 少女たちに愛されてきた名作児童文学の新訳。

 赤ん坊のときにジョン・グリア孤児院の玄関に捨てられていた天涯孤独のジェルーシャは、孤児院を出ていかなければいけない日が迫っていた。そんなある日、院長に呼ばれた彼女は、匿名の篤志家の寄付で大学に行けるようになったと伝えられる。

 彼女の作文を気に入ったという篤志家の条件は、月に一度、彼宛てに手紙を欠かさず書くことだった。

 大学の寄宿舎に入ったジェルーシャは、辛気くさい名前をジュディと改名。一度、後ろ姿を垣間見たことがある篤志家を「あしながおじさん」と呼び、大学生活から、想像上の家族のことなど手紙に書いて送る。(光文社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事