「佐保姫」今井絵美子著

公開日: 更新日:

 おりきが女将を務める品川宿の料理旅籠は、参勤交代の時期を迎え、連日、目の回るような忙しさだ。そんな中、煙管屋の甲本屋から下の娘の「百日(ももか)の祝い」の料理の注文が入る。その日は、伊予宇和島藩で貸し切りだが、おりきは仕出しでもよければと応じる。甲本屋の主人・貴之助によると娘の名は、春の女神「佐保姫」にちなんで「おさお」というらしい。妻のお延がおさおをはらんだとき、貴之助は上の娘の三味線の師匠・汀にぞっこんだった。婿養子の貴之助は、家を出て汀と共に生きる決意まで固めていたが、お延から子供を授かったと聞き、踏みとどまったのだ。(表題作)

 人気の人情時代小説「立場茶屋おりき」シリーズ最新刊。(角川春樹事務所 670円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る