日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「佐保姫」今井絵美子著

 おりきが女将を務める品川宿の料理旅籠は、参勤交代の時期を迎え、連日、目の回るような忙しさだ。そんな中、煙管屋の甲本屋から下の娘の「百日(ももか)の祝い」の料理の注文が入る。その日は、伊予宇和島藩で貸し切りだが、おりきは仕出しでもよければと応じる。甲本屋の主人・貴之助によると娘の名は、春の女神「佐保姫」にちなんで「おさお」というらしい。妻のお延がおさおをはらんだとき、貴之助は上の娘の三味線の師匠・汀にぞっこんだった。婿養子の貴之助は、家を出て汀と共に生きる決意まで固めていたが、お延から子供を授かったと聞き、踏みとどまったのだ。(表題作)

 人気の人情時代小説「立場茶屋おりき」シリーズ最新刊。(角川春樹事務所 670円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事