「佐保姫」今井絵美子著

公開日:  更新日:

 おりきが女将を務める品川宿の料理旅籠は、参勤交代の時期を迎え、連日、目の回るような忙しさだ。そんな中、煙管屋の甲本屋から下の娘の「百日(ももか)の祝い」の料理の注文が入る。その日は、伊予宇和島藩で貸し切りだが、おりきは仕出しでもよければと応じる。甲本屋の主人・貴之助によると娘の名は、春の女神「佐保姫」にちなんで「おさお」というらしい。妻のお延がおさおをはらんだとき、貴之助は上の娘の三味線の師匠・汀にぞっこんだった。婿養子の貴之助は、家を出て汀と共に生きる決意まで固めていたが、お延から子供を授かったと聞き、踏みとどまったのだ。(表題作)

 人気の人情時代小説「立場茶屋おりき」シリーズ最新刊。(角川春樹事務所 670円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る