「宮沢賢治の真実」今野勉著

公開日: 更新日:

 中学3年のときに宮沢賢治の作品に引かれた著者は、テレビ局に入社したころ、再び賢治の作品と出合う。彼の詩の中に「猥れて嘲笑める」「凶つのまみ」「秘呪とりて」などの言葉をちりばめた不可解で異様な詩があった。その下書き稿にある「かなしく君が名をよべば」の「君」とは誰なのか、調べていくうちに、著者は「永訣の朝」にうたわれた妹、とし子を死に追いやった事件の真相、賢治の看護師への初恋、同性の友人への恋心などにたどり着く。「冬のスケッチ」にある「あるべきことにあらざれば」は、この恋のことなのか。

 テレビの草創期からさまざまなドラマやドキュメンタリーを制作した著者が、修羅を生きた宮沢賢治の真実に迫る。(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る