鳥のさえずりで森林浴気分

公開日: 更新日:

「鳴き声が聴ける 世界の美しい鳥図鑑」上田恵介監修

 動物園でもなかなかお目にかかれない世界中の美しい鳥を集めた図鑑。ユニークなのは、鮮やかな色彩で身を飾るお洒落な鳥を、学問的な分類や地域ごとではなく、色別に紹介しているところ。

 まずメーテルリンクの戯曲によって今や「幸せの象徴」となった「青い鳥」から。ご存じ「空飛ぶ宝石」などと呼ばれるカワセミやオオルリなど、日本でも見られる青い鳥から、その名の通り水色の眉毛のような模様がある中米の「アオマユハチクイモドキ」や、東南アジアに広く分布する「チャノドコバシタイヨウチョウ」、そして長髪のイケメンを連想させる「ミノバト」まで。

 さまざまな風合いの青い鳥が集まり、幸せ感もアップ。

 それぞれの鳥についての解説はなく、記されているのは名前だけだが、添付されたQRコードをスマホなどで読み取れば、その鳥の鳴き声が流れてくるという、何とも鳥好きにはうれしい構成。

 鳥の羽根がカラフルなのは、人間の肌色を作るのと同じメラニン色素に加え、赤やオレンジ、黄色のもとになるカロテノイド色素や、緑になるツラコバジンや赤をつくるツラシンという特殊な色素をそれぞれが持っているからだそうだ。

 しかし、青色は色素が作り出しているのではなく、複雑な構造の羽毛が光を反射したり吸収したりして生まれる「構造色」と呼ばれるものだという。

 派手なオスに比べてメスは褐色の地味な色彩をしている場合が多いが、そうした種は地上に巣を作るために天敵の目を逃れようと自然淘汰されたもので、崖に穴を掘ったり樹洞に巣を作る鳥は、雌雄で美しさに差がない種がほとんだという。

 そんな鳥たちの写真を眺めながら、そのさえずりに耳をすませば、どこかの森の中にいるような気分になってくる。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る