• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鳥のさえずりで森林浴気分

「鳴き声が聴ける 世界の美しい鳥図鑑」上田恵介監修

 動物園でもなかなかお目にかかれない世界中の美しい鳥を集めた図鑑。ユニークなのは、鮮やかな色彩で身を飾るお洒落な鳥を、学問的な分類や地域ごとではなく、色別に紹介しているところ。

 まずメーテルリンクの戯曲によって今や「幸せの象徴」となった「青い鳥」から。ご存じ「空飛ぶ宝石」などと呼ばれるカワセミやオオルリなど、日本でも見られる青い鳥から、その名の通り水色の眉毛のような模様がある中米の「アオマユハチクイモドキ」や、東南アジアに広く分布する「チャノドコバシタイヨウチョウ」、そして長髪のイケメンを連想させる「ミノバト」まで。

 さまざまな風合いの青い鳥が集まり、幸せ感もアップ。

 それぞれの鳥についての解説はなく、記されているのは名前だけだが、添付されたQRコードをスマホなどで読み取れば、その鳥の鳴き声が流れてくるという、何とも鳥好きにはうれしい構成。

 鳥の羽根がカラフルなのは、人間の肌色を作るのと同じメラニン色素に加え、赤やオレンジ、黄色のもとになるカロテノイド色素や、緑になるツラコバジンや赤をつくるツラシンという特殊な色素をそれぞれが持っているからだそうだ。

 しかし、青色は色素が作り出しているのではなく、複雑な構造の羽毛が光を反射したり吸収したりして生まれる「構造色」と呼ばれるものだという。

 派手なオスに比べてメスは褐色の地味な色彩をしている場合が多いが、そうした種は地上に巣を作るために天敵の目を逃れようと自然淘汰されたもので、崖に穴を掘ったり樹洞に巣を作る鳥は、雌雄で美しさに差がない種がほとんだという。

 そんな鳥たちの写真を眺めながら、そのさえずりに耳をすませば、どこかの森の中にいるような気分になってくる。(宝島社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る