「チョコで血圧が下がった」椎名一紀著

公開日:  更新日:

 近年、チョコレート=カカオの健康効果に関する研究が盛んに報告されている。東京医科大循環器内科講師で、戸田中央総合病院に「嗜好品外来」を立ち上げた著者が、エビデンス(科学的根拠)に基づいたチョコレートの健康効果について解説する。

 チョコレートというと高脂肪、高糖質、高カロリーで健康に悪いというイメージがあるが、実はマイナスになるという報告は全く見当たらないという。カカオ分が70%以上のダークチョコレートを1日25グラムくらい食べる分には太る心配はないだけでなく、むしろ血圧が下がる、糖尿病を改善する、善玉コレステロールを増やす、便秘を改善する、認知症を予防するといった信頼のおける研究がたくさん報告されている。チョコレートに含まれるポリフェノールの効果で、実際に外来で効果が表れているという。

 チョコレート以外にも生活習慣病の予防効果が認められている食品がたくさん取り上げられている。健康は食が支えていることが改めてよく分かる。(主婦の友インフォス 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る