• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「われら」エヴゲーニイ・ザミャーチン著 小笠原豊樹訳

投稿日:  更新日:

 1927年に発表されたロシア人作家によるデストピア小説の名作。

 1000年前の「二百年戦争」によって<単一国>が地球を屈服。<慈愛の人>が導く社会は、「緑の壁」によって遮断され、すべての国家要員は、同じ服を着て、同じ時間に起きて同じ時間に寝る生活を送るよう管理されている。

 数学者でD503号と呼ばれる「私」は、間もなく宇宙に向かう「積分号」の建造に技師として従事している。単一国ではセックスも管理され、国家が許可した相手と、「性の日」と指定された日のわずか15分間で行わなければならない。そんな日々に何も疑問を抱くことなく過ごしていた私の生活が、I330号という女性と出会ってから、少しずつ狂い始める。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る