「白日の鴉」福澤徹三著

公開日:  更新日:

 製薬会社に勤務する友永は、大事な商談に向かう移動中、駅で見知らぬ女から痴漢呼ばわりをされる。身に覚えのない友永だが、現場を見たという乗客に駅事務室に連れていかれそうになり、思わず逃げるが、駅前の交番に勤務する新人警官・新田に逮捕されてしまう。友永は、刑事の執拗な取り調べに終始一貫して無実を主張するが、被害者と目撃者が揃っており、誰も信用してくれない。

 一方の新田は、数日後、痴漢の被害者の春乃と目撃者の中迫が一緒にいる姿を目撃して、ある疑念が湧く。やがて中迫と春乃が1年以上前から顔見知りだったことを知った新田は、弁護士の五味に協力を仰ぐ。

 仕組まれた冤罪(えんざい)を晴らすために不可能に挑戦する3人の戦いを描く徹夜必至の長編小説。(光文社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る