• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「雲と鉛筆」吉田篤弘著

 休日、「ぼく」は、遠い街で何冊かの本と、あまり甘くないお菓子、珍しい文房具を買って帰宅した。ぼくは、しばらくは遠い街に出かけるのを控え、自室の屋根裏部屋にこもって、これまで考えてきたことの続きを青いノートに書くつもりだ。屋根裏部屋には小さな本棚と古い寝台、子供用の机と椅子が1組ある。屋根裏部屋がある建物は、昔、新聞を刷るための工場だった。鉛筆工場で働くぼくは、ここで子供のために書かれた本を読みながら、たくさんのことを考え、時には回り道をいくつも重ねながら「本当のこと」を探してきた。ぼくはいま「時間」について書かれた本を読んでいる。(「遠い街から帰ってきた夜」)

 ほかに「バリカンとジュットク」など全3編を収録した不思議な味わいの連作小説集。

(筑摩書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る