「雲と鉛筆」吉田篤弘著

公開日:

 休日、「ぼく」は、遠い街で何冊かの本と、あまり甘くないお菓子、珍しい文房具を買って帰宅した。ぼくは、しばらくは遠い街に出かけるのを控え、自室の屋根裏部屋にこもって、これまで考えてきたことの続きを青いノートに書くつもりだ。屋根裏部屋には小さな本棚と古い寝台、子供用の机と椅子が1組ある。屋根裏部屋がある建物は、昔、新聞を刷るための工場だった。鉛筆工場で働くぼくは、ここで子供のために書かれた本を読みながら、たくさんのことを考え、時には回り道をいくつも重ねながら「本当のこと」を探してきた。ぼくはいま「時間」について書かれた本を読んでいる。(「遠い街から帰ってきた夜」)

 ほかに「バリカンとジュットク」など全3編を収録した不思議な味わいの連作小説集。

(筑摩書房 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る