「虎の宴」リリー・ライト著、真崎義博訳

公開日:

 盗掘屋マドックスは、メキシコの山中でアステカ帝国最後の皇帝モンテスマのデスマスクを掘り出す。麻薬王のレイエスに不当に買い叩かれ、納得できないマドックスは、レイエスの保管庫からマスクを持ち出す。

 一方、ニューヨークに住むアナが婚約者の浮気に傷つき実家を訪ねると、父親のラムジーも落ち込んでいた。メキシコのマスクの収集家であるラムジーはコレクションを美術館に売却するつもりだったが、贋作がまじっていたため、断られたらしい。

 しかし、懲りないラムジーはモンテスマのマスクが売りに出ていることを知り、購入するつもりだという。アナは父に代わって取引のためにメキシコに飛ぶ。

 米国探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補にもなった新鋭のデビュー作。

 (早川書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る