「虎の宴」リリー・ライト著、真崎義博訳

公開日:

 盗掘屋マドックスは、メキシコの山中でアステカ帝国最後の皇帝モンテスマのデスマスクを掘り出す。麻薬王のレイエスに不当に買い叩かれ、納得できないマドックスは、レイエスの保管庫からマスクを持ち出す。

 一方、ニューヨークに住むアナが婚約者の浮気に傷つき実家を訪ねると、父親のラムジーも落ち込んでいた。メキシコのマスクの収集家であるラムジーはコレクションを美術館に売却するつもりだったが、贋作がまじっていたため、断られたらしい。

 しかし、懲りないラムジーはモンテスマのマスクが売りに出ていることを知り、購入するつもりだという。アナは父に代わって取引のためにメキシコに飛ぶ。

 米国探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補にもなった新鋭のデビュー作。

 (早川書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る