「虎の宴」リリー・ライト著、真崎義博訳

公開日: 更新日:

 盗掘屋マドックスは、メキシコの山中でアステカ帝国最後の皇帝モンテスマのデスマスクを掘り出す。麻薬王のレイエスに不当に買い叩かれ、納得できないマドックスは、レイエスの保管庫からマスクを持ち出す。

 一方、ニューヨークに住むアナが婚約者の浮気に傷つき実家を訪ねると、父親のラムジーも落ち込んでいた。メキシコのマスクの収集家であるラムジーはコレクションを美術館に売却するつもりだったが、贋作がまじっていたため、断られたらしい。

 しかし、懲りないラムジーはモンテスマのマスクが売りに出ていることを知り、購入するつもりだという。アナは父に代わって取引のためにメキシコに飛ぶ。

 米国探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補にもなった新鋭のデビュー作。

 (早川書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る