「沙漠の古都」国枝史郎著

公開日: 更新日:

 マドリードに、両目の縁に燐光をまとった犬に似た「獣人」が出没すると噂が立った。ある夜、市長の家の窓を獣人がのぞき込み、市長は「ロブ! 湖! 埋もれた都会!……」とつぶやいて倒れた。

 市長夫人の依頼を受けた探偵のレザールは、動物園長のエチガライが周旋した女中が、市長が大切にしていた紙くずを捨てて市長に怒られ、エチガライ園長の家に移ったと聞いて、女中が怪しいとにらむ。その女中は実はウイグル人の男だった。

 紙くずは、不正な財宝の在りかを書いた地図なのではないかとレザールは言う。

 運勢を開く雌雄2つの水晶の玉をめぐって繰り広げられるエキゾチックな冒険小説の復刊。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る