「沙漠の古都」国枝史郎著

公開日:

 マドリードに、両目の縁に燐光をまとった犬に似た「獣人」が出没すると噂が立った。ある夜、市長の家の窓を獣人がのぞき込み、市長は「ロブ! 湖! 埋もれた都会!……」とつぶやいて倒れた。

 市長夫人の依頼を受けた探偵のレザールは、動物園長のエチガライが周旋した女中が、市長が大切にしていた紙くずを捨てて市長に怒られ、エチガライ園長の家に移ったと聞いて、女中が怪しいとにらむ。その女中は実はウイグル人の男だった。

 紙くずは、不正な財宝の在りかを書いた地図なのではないかとレザールは言う。

 運勢を開く雌雄2つの水晶の玉をめぐって繰り広げられるエキゾチックな冒険小説の復刊。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る