「コンテクスト・ オブ・ザ・デッド」羽田圭介著

公開日:

 編集者の須賀は、打ち合わせのために出向いた渋谷で最近、世間を騒がせている「ゾンビ」に遭遇する。正式には「変質暴動者」と呼ばれる彼らは、ゾンビと同じように噛まれることで仲間を増やしており、ウイルスなども検出されないため、対処法が見つからない。須賀が担当する作家のひとりKは、デビュー後尻すぼみ状態で作品は書いてはいるが、発表のあてはない。そんなある日、街中でゾンビ退治をする現場に遭遇して加勢したKだが、落ちていた携帯電話に気づき、最悪のシナリオが頭によぎる。

 他にも生活保護業務のかたわらゾンビ対応に走る公務員の新垣や美人作家の理江ら、ゾンビの増殖に翻弄される人々を描く長編エンターテインメント。

(講談社 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る