北尾トロ
著者のコラム一覧
北尾トロノンフィクション作家

1958年、福岡市生まれ。2010年にノンフィクション専門誌「季刊レポ」を創刊、15年まで編集長を務める。また移住した長野県松本市で狩猟免許を取得。猟師としても活動中。著書に「裁判長! ここは懲役4年でどうすか 」「いきどまり鉄道の旅」「猟師になりたい!」など多数。

「アンソロジーカレーライス!!大盛り」杉田淳子編

公開日: 更新日:

 このタイトルに心引かれて手に取る人は、すでにカレーを食べたい気持ちに火が付きかけていると思われる。その気持ちは目次を見ればさらに高まるだろう。44編のカレーエッセーが、ど~んとまとめられているからだ。

 メンバーも豪華。池波正太郎に始まり、向田邦子、伊丹十三、宇野千代、吉行淳之介、寺山修司、最後の色川武大まで、一筋縄ではいかない書き手が連なっている。それだけでもぜいたくな本だが、発表された媒体や年代がバラバラなものを調べ、発掘し、一堂に会した点に妙がある。名うての作家たちがカレーというありふれたものを、どのように“料理”してきたか。アンソロジーならではの楽しさといえると思う。

 作り方や味について書かれた王道的なものもいいのだが、僕が好きなのはカレー的人生とラーメン的人生を比較考察する寺山修司のエッセーや、スーパーで食材を買うとき、いかに自意識過剰になるかを告白する町田康、カレーライスの悲哀を語る赤瀬川原平らの文章だ。なにしろ相手はカレーなのだから、読者だって1つや2つ、語りたいネタを持っている。

 どんなことを書くのか、ぬるい内容なら読まないぞ、という対抗心みたいなものがあるだろう。そういう読者の意気込みをわかった上で、おもしろい変化球を投げるのだ。吉本隆明がレトルトカレーを山ほど買い込み、片っ端から味見して真剣に比較検討していたりするもんなあ。ソバだとウンチクに逃げることもできるけど、カレーはそうはいかないところに工夫のしがいがあり、プロの凄みを何度も感じた。

 ひとつとして似たようなアプローチがないのは、そのように配置したアンソロジストの腕である。僕が笑ったのは角田光代の訴えだ。妻や彼女が作る料理で一番好きなのはカレーと答えてはいけないというのである。全然ホメてることにならないらしい。その理由は――本書を手にとって確かめて欲しい。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る