北尾トロ
著者のコラム一覧
北尾トロノンフィクション作家

1958年、福岡市生まれ。2010年にノンフィクション専門誌「季刊レポ」を創刊、15年まで編集長を務める。また移住した長野県松本市で狩猟免許を取得。猟師としても活動中。著書に「裁判長! ここは懲役4年でどうすか 」「いきどまり鉄道の旅」「猟師になりたい!」など多数。

「ゴールデンカムイ」野田サトル著

公開日:

 第1回に取り上げるのは人気マンガ「ゴールデンカムイ」(1~15巻)。明治時代の北海道を舞台に、刑務所から脱走した囚人たちの体に彫られた入れ墨を巡って欲望爆発。どこかにある金塊を奪い合う宝探しアクションだ。しかし、読みどころはそれだけじゃない。物語の中で中心的な役割を果たす、アイヌの少女アシリパが作るジビエ料理の数々が、じつにうまそうなのである。

 僕は狩猟免許を取得し、冬になると信州で鳥撃ちに励んでいる。自分で捕ったカモなどは解体して、肉はもちろん、骨からもスープを取って残さず使うようにしている。そうしろと言われたからではなく、生き物の命を奪ったからには、使えるものはすべて使いたくなるのだ。しかも、味が絶品。とくに鍋のあとで食べる雑炊のうま味ときたら……。

 とまあ、ジビエには慣れている僕から見ても、このマンガの狩猟&食事シーンの描写はリアルさが半端ない。シカや熊の捕まえ方なんて序の口。松ボックリで作った罠にかかったリスの脳みそを食べるシーンが詳細に描かれたりもする。そんなものまでと驚くが、かわいい少女と脳みそ料理のギャップのせいか、アイヌの食文化が抵抗なく頭に入ってくる。

 文字だけじゃわからない。写真じゃグロい。マンガだからこそ、超絶マニアック描写がエンタメになるのだと思う。

 とくに序盤の5巻あたりまでは、狩猟とジビエの要素でぐいぐい読ませるパート。作者は現代の生活からは想像もできない闘いの舞台に読者を誘うため、“食べる”という行為を徹底的に利用しているともいえるだろう。僕はまんまとその企みにやられ、壮大な金塊争奪戦の渦に巻き込まれ、続刊の出る日を指折り数えて待っているところだ。

(集英社 540円+税)

ゴールデンカムイ 15巻

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る