「ミッテランの帽子」アントワーヌ・ローラン著 吉田洋之訳

公開日: 更新日:

 1986年、パリ。うだつの上がらない会計士・ダニエルは、ブラッスリーで食事をしていると、時の大統領ミッテランがやってきて隣の席に座る偶然に遭遇した。2時間後、ミッテラン大統領が去った席にはフェルト帽子が。ダニエルは帽子を手に取るとそっとかぶり、店を出る。

 翌日、ダニエルは会議で大胆な分析を発表。それが役員に評価され、地方財務部長に抜擢される。帽子をかぶると、不思議な力を感じ、実力が出せるようになったのだ。ところがダニエルはルーアンに向かう汽車の中に帽子を置き忘れてしまう……。

 望まない不倫を断ち切れない女性、スランプ中の天才調香師らに帽子が次々に渡り、手にした者は人生の意外な展開を経験する。大人のための幸福な物語。

(新潮社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る