「椎名誠[北政府]コレクション」椎名誠著

公開日: 更新日:

「私」は「猫舐祭」のことを問われ、語り出す。それが私の役目だからだ。猫舐祭は、北の政府軍との戦争が終わって数年後、まだ子供だった私の一番の楽しみだった。祭りになると、町の一角に色とりどりのテント小屋が並び、カエルほどの大きさの「虫男」など、遺伝子急速改造で作られた生き物たちが呼び込みを務めていた。闇の臓器マーケットもあり、人気小屋では知能を持った虫「繭巻き」などの人間との獣合一体化生物や、「南天」と呼ばれる有機物の工作機械などが見せ物にされていた。最大のイベントは「トゴス」と呼ばれる獣人と人間を機械で強化した改造人間との戦いだ。(「猫舐祭」)
 戦争終結後の近未来の世界を舞台にした「北政府もの」と呼ばれる作品群を編んだ短編集。
(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

もっと見る