「椎名誠[北政府]コレクション」椎名誠著

公開日: 更新日:

「私」は「猫舐祭」のことを問われ、語り出す。それが私の役目だからだ。猫舐祭は、北の政府軍との戦争が終わって数年後、まだ子供だった私の一番の楽しみだった。祭りになると、町の一角に色とりどりのテント小屋が並び、カエルほどの大きさの「虫男」など、遺伝子急速改造で作られた生き物たちが呼び込みを務めていた。闇の臓器マーケットもあり、人気小屋では知能を持った虫「繭巻き」などの人間との獣合一体化生物や、「南天」と呼ばれる有機物の工作機械などが見せ物にされていた。最大のイベントは「トゴス」と呼ばれる獣人と人間を機械で強化した改造人間との戦いだ。(「猫舐祭」)
 戦争終結後の近未来の世界を舞台にした「北政府もの」と呼ばれる作品群を編んだ短編集。
(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード