山口祐二郎という右翼はなぜ排外主義者と闘うのか 近著を読む

公開日: 更新日:

 山口祐二郎は21歳から10年間以上、右翼活動に心血を注いできた。右翼団体「憂国我道会」を立ち上げ、ネトウヨ(ネット右翼)と呼ばれる差別主義者と連中と一歩ひかず対峙し続けている。第一次安倍晋三政権時代の2007年には「アメリカの傭兵化が進む防衛省」に火炎瓶を投擲して逮捕されたこともある──。

 そんな話を聞くと、どんな強面かと思うが、山口ほどいつもニコニコしていて謙虚な態度の人物も珍しい。この日もカウンターをしているというラッパーらも参加する川崎の会合で焼肉をつまみながら雑談をしていたのだが、終始ニコニコしていた。どこで本に書かれているような爆発力を見せるのかと思うのだが、山口の右翼としての怒りは、自らのためにではなく他者のための怒りなのであろう。

 そんな山口の近著「ネット右翼vs.反差別カウンター  愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!」(モナド新書)では「右翼は差別しない」と言い切った右翼・野村秋介の生き様を胸に、在日外国人への差別と闘って来たいきさつが書かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード