「美肌、太らない、老けないは食べ方が9割」赤石定典、島本友希子著

公開日: 更新日:

 あらゆる不調を予防・改善して健康を支えてくれるのは、何といっても栄養素だ。本書では、東京慈恵会医科大学付属病院の栄養部に所属する管理栄養士が、悩み別の栄養の取り方や食べ合わせを解説している。

 肌のシミやシワの対策は女性だけのものではなく、多くの人と接するビジネスマンにとっても大切なこと。シミの原因となるメラニンの生成を防ぎ、できてしまったメラニンも無色化してシミを薄くする働きを持つのがビタミンCだが、これを多く含むかんきつ類や緑黄色野菜が不足している現代人は多い。また、乾燥やコラーゲンの減少が進むと、シワやタルミが目立ってくる。

 しかしこれらの肌トラブルも栄養素を知っていれば、居酒屋メニューでも改善が期待できる。例えば、レモンサワーと鶏皮串の組み合わせを注文してみよう。

 メラニンに効果を発揮するビタミンCは、体内でコラーゲンの生成を助ける働きも持つ。そして、鶏皮自体がコラーゲンの宝庫。これを知っていれば、ビールと砂肝を食べている同僚よりも、自然と若々しい肌が手に入るというわけだ。

 生活習慣病の予防には、血液をサラサラにしてくれるビタミンEや、傷ついた血管を修復するルチン、そして血管を広げてくれるカカオポリフェノールなどを取りたい。家で晩酌するならビタミンEの多いアーモンドをつまみに、飲み会の締めはルチンの宝庫のそばを、そして間食にはスナック菓子やまんじゅうなどではなくカカオポリフェノールたっぷりのチョコレートを選べば、おのずと健康が近づいてくるはずだ。

 美肌や血管、疲れなどに効果を発揮する献立例も紹介。栄養素を味方につけることが健康長寿の近道だ。

(PHP研究所 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード