「美肌、太らない、老けないは食べ方が9割」赤石定典、島本友希子著

公開日: 更新日:

 あらゆる不調を予防・改善して健康を支えてくれるのは、何といっても栄養素だ。本書では、東京慈恵会医科大学付属病院の栄養部に所属する管理栄養士が、悩み別の栄養の取り方や食べ合わせを解説している。

 肌のシミやシワの対策は女性だけのものではなく、多くの人と接するビジネスマンにとっても大切なこと。シミの原因となるメラニンの生成を防ぎ、できてしまったメラニンも無色化してシミを薄くする働きを持つのがビタミンCだが、これを多く含むかんきつ類や緑黄色野菜が不足している現代人は多い。また、乾燥やコラーゲンの減少が進むと、シワやタルミが目立ってくる。

 しかしこれらの肌トラブルも栄養素を知っていれば、居酒屋メニューでも改善が期待できる。例えば、レモンサワーと鶏皮串の組み合わせを注文してみよう。

 メラニンに効果を発揮するビタミンCは、体内でコラーゲンの生成を助ける働きも持つ。そして、鶏皮自体がコラーゲンの宝庫。これを知っていれば、ビールと砂肝を食べている同僚よりも、自然と若々しい肌が手に入るというわけだ。

 生活習慣病の予防には、血液をサラサラにしてくれるビタミンEや、傷ついた血管を修復するルチン、そして血管を広げてくれるカカオポリフェノールなどを取りたい。家で晩酌するならビタミンEの多いアーモンドをつまみに、飲み会の締めはルチンの宝庫のそばを、そして間食にはスナック菓子やまんじゅうなどではなくカカオポリフェノールたっぷりのチョコレートを選べば、おのずと健康が近づいてくるはずだ。

 美肌や血管、疲れなどに効果を発揮する献立例も紹介。栄養素を味方につけることが健康長寿の近道だ。

(PHP研究所 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る