「音楽を感じろ」ニール・ヤング&フィル・ベイカー著 鈴木美朋訳

公開日: 更新日:

 映画「いちご白書」で、主人公のサイモンとリンダが買い出しから帰ってきて仲間の待つ講堂のドアを開けるのとほぼ同時にニール・ヤングが歌う「ヘルプレス」が流れてくる。川を照らす真っ赤な夕焼け、夕空に浮かぶ白い月、疲れ切った学生たちの姿が交互に映し出されながら物悲しい歌声が重なっていく。それがニール・ヤングとの出会いだった。

 それから50年。ニール・ヤングはいまだ現役のミュージシャンであり、環境保護活動、障害者支援など幅広い活動を行っている。本書は、そのニール・ヤングが果敢に挑戦したハイレゾ音源ダウンロードサービスと専用プレーヤーの開発をめぐる闘いの記録だ。

 最高の音質で音楽を録音しようと努めるミュージシャンにとってCDやMP3などのデジタル音源は「浅く平べったく濁った響き」であり、このままでは将来まともな音楽を聴くことができなくなってしまう。それに対してニール・ヤングはかねて音楽業界と技術業界に対して抗議してきたが受け入れられず、業を煮やしてついに自ら音質の優れた専用プレーヤーを開発した。それがハイレゾプレーヤー、PONOだ。

 本書はニールの音質に対する哲学的な考察と、彼とともにPONOの開発に携わったプロダクト・マネジャーのフィル・ベイカーによる技術やマネジメントに関する考察と経過報告とから構成されている。

 CDにおいてはアナログ音源のデータのおよそ75%が失われ、MP3では残るのはわずか5%。それに対してハイレゾは95%保持できる。しかしハイレゾ音源は価格が非常に高く、また携帯電話に匹敵する持ち運びしやすい一体型でなければならない。この難問をいかに克服できるか。試行錯誤の上ようやくPONOが完成するが、同時に立ち上げたダウンロードサービスは開設後、間もなく閉鎖に追い込まれてしまう。

 とはいえ、ニールの高音質への飽くなき追求はやまず、今はハイレゾストリーミングに期待をかけているという。ニール・ヤングの闘いはまだまだ続きそうだ。 <狸>

(ストランド・ブックス 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る

人気キーワード