「日本疫病図説」畑中章宏著

公開日: 更新日:

 コロナに翻弄される日々も1年半が過ぎようとしているが、そもそも人類の歴史は、感染症との戦いの歴史だった。

 顕微鏡が登場するまで、感染症はもののけや怨霊、悪鬼など目に見えない存在によってもたらされると信じられていた。

 疫病が蔓延すると、朝廷や豪族は疫病退散のために神仏を動員して祭りを行い、神社を創建したり、伽藍を建立して仏像を造営したりした。

 一方、民衆は疫病を流行させる悪鬼を疫病神(厄病神・疫神・厄神)と呼び、村境にしめ縄を張ったり、大きなわらじをかけたりして侵入を防いだ。

 社寺から授けられた護符を張ったり、絵馬を奉納して疫病神を除こうとする習俗は現代まで続く。

 疫病除けの祈願を視覚化した「疱瘡(天然痘)絵」や「はしか絵」など、中には芸術性の高いものもある。

 本書は、そうした疫病にまつわる美術や工芸品などの「疫病芸術」をはじめ、社寺の祭礼や郷土玩具など、病魔退散の祈りから生まれたさまざまな表現を紹介するビジュアルブックだ。

 古くは、平安時代末期ごろに描かれた国宝「辟邪絵」から、コロリ(コレラ)流行の際に広まった秩父の三峯神社のオオカミの護符や、疫病の流行を予言したご存じ「アマビエの図」、そして明治23年に月岡芳年が、天然痘を患った子供を背負った「痘鬼神」を源為朝がにらみつける場面を描いた「為朝の武威 痘鬼神を退くの図」(連作の一枚)まで、日本人が疫病と向き合ってきた歴史とともに紹介。

 著者は「疫病をもたらす疫神との交渉は、さまざまな表現をとりながら、私たちの生活をある側面では豊かにしてきたとも考えられる」と記す。

 先人たちの豊かな発想を楽しみながら、ポストコロナに思いを馳せる。

(笠間書院 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る

人気キーワード