井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」といった性や死がテーマのノンフィクションのほか、日刊ゲンダイ連載から「すごい古書店 変な図書館」も。近著に「絶滅危惧個人商店」「師弟百景」。

そぞろ書房(高円寺)ふたり出版社の“本屋さんごっこ”がきっかけでオープン

公開日: 更新日:

 高円寺駅の南に広がる「エトアール通り」の一隅。案内板に「引き戸をあけて202号室」とある。その引き戸とは、おしゃれさとは程遠いサッシのもので、かつてアパートだった築40~50年の建物の2階。10畳ほどの一室に「そぞろ書房」がある。

「来るのは、SNSを見て、という人がほとんどです」と、店長の小室有矢さん(34)。なぜここで?

「2022年6月から武蔵小金井で、『点滅社』という“ふたり出版社”をやってるんです。その年の暮れに“古本屋さんごっこ”的なことをこのスペースで行ったのがきっかけで……」

 点滅社の代表と小室さんとアルバイト君、編集プロダクション2人の計5人で、いわく「副業的に」23年4月に始めた、「ジン(個人が作った少部数の出版物)と古本・新刊」の店である。

充実のジンと古本・新刊、そしてシェア本棚の店

 一等地に「鬱の本」を見つけ、あ、と思った。この連載で回った独立系書店のほとんどが推していたが、点滅社が刊行した本だったのだ。「代表が鬱っぽかったとき、『長い文章はしんどいが、見開きくらいなら読める』と思ったんです。それで、鬱をテーマに84人の書き手に、見開き分の文章を書いてもらいました」。ほ~、そういう成り立ちだったのか。

「しないことリスト」「そだつのをやめる」「がんばらない練習」が目に飛び込んできて、生きづらい人への応援の本だな、と思えてくる。かと思うと、シェア本棚(12スペース)に、「切手」に関する本の数々と、珍しい古切手を売る棚、食や鉄道など台湾の本ばかりが並ぶ棚を見つけて、ほんわかしたり。

 さらに、詩集、日記、旅行記など集められたジンの高レベルさに舌を巻いたことも報告せねば。一例に、「mg.」とやら。「さつまいもをめぐる」特集。各種さつまいもとさつまいも菓子の紹介もさることながら、「なぜ菓子にするのか」に始まる「哲学タイム」なんてページもあって、大したものだ。

 詩歌、海外文学、名エッセーなどが集まったコーナーもことのほか。取材中、来店した1人の青年がそのコーナーの一冊を床に座って読み耽っている姿も好感度大だった。

◆杉並区高円寺南3-49-12 セブンハウス202号室/JR中央線・総武線高円寺駅から徒歩6分/水・金・土・日曜の14~20時

ウチの公式ジン

「そぞろ日記 vol.1」

「〈少なくとも2~3カ月というのは異常だと思います。よくやり切ったものだ……〉と仲間も書いています。2022年12月末に、『この場所で何かやってみたら』と声がかかって、翌23年1月にやることにした。2月に店名が決まって4月にマジで開店した、無鉄砲集団『そぞろ書房』の日記です。何の参考にもならないかと思いますが、読んでください」

(そぞろ書房企画編集 500円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今