10日から連載コラム開始 井筒和幸監督“第0回”インタビュー

公開日: 更新日:

 しかも、映画宣伝のためと思って出ても何の役にも立たない。「番組見たから映画見に来ました」なんて客はいません。映画情報なんて、鼻から入って口に抜けていくだけ。しかも「映画の見どころは?」とか聞いてくるやつ! アレ、失礼な言い方や。全部見ろよ! と。出た俳優とか女優も、「とても面白いのでぜひご覧ください」とか「一生懸命やりました」としか言わない。アホか。映画なんて片手間だろうが、一生懸命やろうが、面白けりゃ何でもええの。自分のポリシーひとつ、うまく表現できないような俳優だらけ。

 頭にくることばっかり。来週も容赦なくいくんで、覚悟せえや!

▽いづつ・かずゆき 1952年、奈良県出身。高校時代から映画製作を始める。監督を務めた「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)は「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)ではご意見番としても活躍中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る