アトピー性皮膚炎治療最前線 新薬が続々登場…医師が特に注目するのはこの2剤

公開日: 更新日:

 アトピー性皮膚炎の悪化原因はいくつかあるが、その一つがスギ花粉だ。今年は例年より花粉の飛散量が多い地域もあると言われている。そこで押さえておきたいのが薬の最新情報。アトピー性皮膚炎の治療を積極的に行う「巣鴨千石皮ふ科」(東京・豊島区)の小西真絢院長に話を聞いた。

 2018年以降、アトピー性皮膚炎の治療薬が次々と登場。10年ぶりの新薬である「デュピクセント(一般名デュピルマブ)」を皮切りに、2022年までに7剤が発売。今年春にも、新しい薬が発売される見通しだ。

 アトピー性皮膚炎の薬物治療は、外用薬(塗り薬)を用いた外用療法と、内服薬や注射薬を用いた全身療法に分けられる。2018年以降の薬は全身療法のものも多く、従来薬とは作用機序が異なり、効果が高い。外用療法だけで症状が不十分な場合、全身療法との組み合わせを積極的に検討した方がいい。

「現在、全身療法の薬で当院で圧倒的に処方が多いのは、デュピクセント。続いて多いのが、2021年発売のリンヴォック(一般名ウパダシチニブ)です」(小西院長=以下同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」