著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

病院では難しかった細かいケアも自宅でなら思うようにできる

公開日: 更新日:

「現在入院中ですが、GWまではもたないと病院で言われています」

 3月の中旬、ケアマネジャーさんから在宅医療の相談を受けました。

「訪問診療が決まれば退院して自宅に帰れるということで訪問診療を探しています。あけぼのさんにお願いしたいと思っています。患者さんは4月10日の退院を目指しており、その日に初回訪問希望です。ほかに詳しい情報が手元になくて……。患者さん、ご家族と相談し、正式な依頼は再度ご連絡いたします」

 その患者さんは前立腺がんの末期。奥さまと2人暮らしで、近所に娘さんが住んでいます。入院前から認知機能も低下しており、場所や時間を誤認するなど、覚醒レベルに異常が生じるせん妄の症状もみられていました。

 そんなこともあって、在宅医療を開始したタイミングでは、患者さんは余命についてハッキリと知らされていませんでした。

「聞いておきたいこととかありますか?」(私)

「病院の方で3回くらい病気について告知されたみたいですけど、本人に聞いたら何も知らないみたいで」(娘)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる