「放っておいてもいいかなぁ」と考えていた…映画監督のグ・スーヨンさん腎臓がん手術を振り返る

公開日: 更新日:

グ・スーヨンさん(映画監督/63歳)=腎臓がん

 2年前の年末、朝4時まで新宿で飲んで、酩酊状態でタクシーの後部座席に座っていたら、突然、左側からドンッ! と車が突っ込んできて気を失いました。この事故がきっかけで「腎臓がん」が発覚したのです。

 気づくと首にコルセットをされていて、「絶対に動いちゃダメ」と言われました。でも事故現場を見たいじゃないですか。なんとかして見ようとしたんですけど、また気を失ってしまいました。

 あとから聞くと、タクシーは車に突っ込まれて、3回転ほどスピンして街路樹に突っ込んでいたそうです。後部座席がガラスまみれで、自分は肋骨を3本折り救急搬送されました。肋骨2本までは経験あったんですが、さすがに3本はそれを上回る痛さ。ピーク時には痛みで微動だにできませんでした。

 早朝に救急搬送されて、全身をCTとエックス線で細かく検査されました。ただ、緊急性のあるダメージはなく、朝8時ぐらいに別の病院に運ばれるのを待つことに。待っている間に奥さんへ電話できたものの、次の病院がなかなか決まらず、救急救命室でしばらく放置されました。肋骨の骨折はだいたい安静にして回復を待つしかないですし、ほかに損傷はありません。だんだん家に帰りたくなってきたので医師にそう言うと、「大丈夫そうですし、じゃ帰りますか?」と賛同してくれて、昼には帰宅しました。

 痛みは鎮痛剤で抑えて自宅で安静にしていると、数日後、病院の放射線科の医師から電話がありました。「事故とはまったく関係ありませんが、十二指腸に7ミリの動脈瘤、腎臓に1.5ミリの腫瘍らしきものが確認できたので、病院で検査を受けてください」というのです。

 救急搬送された病院は少し遠かったので、5~6年前に「肺気胸」で入院したことのある近場の病院に紹介状を書いてもらい、そこへ行きました。ところが設備的な問題でできない検査があったため、再び救急病院のお世話になることに……。

 結局、十二指腸の動脈瘤は1センチに満たないので経過観察になり、腎臓の腫瘍は画像診断の段階で「おそらく悪性でしょう」と告げられました。でも、特に何の動揺も感動もありませんでした。「風邪です」と言われた時と同じで、「ああ、がんなんだ」と思っただけです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」