著者のコラム一覧
東敬一朗石川県・金沢市「浅ノ川総合病院」薬剤部主任。薬剤師

1976年、愛知県生まれの三重県育ち。摂南大学卒。金沢大学大学院修了。薬学博士。日本リハビリテーション栄養学会理事。日本臨床栄養代謝学会代議員。栄養サポートチーム専門療法士、老年薬学指導薬剤師など、栄養や高齢者の薬物療法に関する専門資格を取得。

「痛み止め」と「胃薬」がセットで処方されるのはなぜか

公開日: 更新日:

 たくさんの種類がある痛み止めの中に、「非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)」と呼ばれるクスリがあります。成分名でいうとロキソプロフェンやジクロフェナク、セレコキシブなどが挙げられます。

 高齢者の中には、関節痛などのために担当医から処方されている方もいらっしゃるでしょう。NSAIDsが処方される場合、多くは胃薬も一緒に処方されます。なぜなのでしょうか。

 この疑問を解明するためには、まずNSAIDsがどうやって痛み止めの効果を発揮しているかについて知る必要があります。すべての痛みではありませんが、痛みにはプロスタグランジンという物質が関与しています。プロスタグランジンは炎症にも関与しています。つまり、プロスタグランジンの生成を抑えることができれば、痛みや炎症を軽減することができるということです。NSAIDsは体内でプロスタグランジンが生成されるときに働くシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑制することで、プロスタグランジンの生成を抑え、痛みを改善します。

 こう聞くと、プロスタグランジンは悪者のような感じがしますが、じつは胃の粘膜を保護する粘液の成分でもあります。つまり、NSAIDsがプロスタグランジンの生成を抑えると、痛みだけでなく胃の粘液の生成も抑制してしまうのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変