著者のコラム一覧
東敬一朗石川県・金沢市「浅ノ川総合病院」薬剤部主任。薬剤師

1976年、愛知県生まれの三重県育ち。摂南大学卒。金沢大学大学院修了。薬学博士。日本リハビリテーション栄養学会理事。日本臨床栄養代謝学会代議員。栄養サポートチーム専門療法士、老年薬学指導薬剤師など、栄養や高齢者の薬物療法に関する専門資格を取得。

「痛み止め」と「胃薬」がセットで処方されるのはなぜか

公開日: 更新日:

 たくさんの種類がある痛み止めの中に、「非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)」と呼ばれるクスリがあります。成分名でいうとロキソプロフェンやジクロフェナク、セレコキシブなどが挙げられます。

 高齢者の中には、関節痛などのために担当医から処方されている方もいらっしゃるでしょう。NSAIDsが処方される場合、多くは胃薬も一緒に処方されます。なぜなのでしょうか。

 この疑問を解明するためには、まずNSAIDsがどうやって痛み止めの効果を発揮しているかについて知る必要があります。すべての痛みではありませんが、痛みにはプロスタグランジンという物質が関与しています。プロスタグランジンは炎症にも関与しています。つまり、プロスタグランジンの生成を抑えることができれば、痛みや炎症を軽減することができるということです。NSAIDsは体内でプロスタグランジンが生成されるときに働くシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑制することで、プロスタグランジンの生成を抑え、痛みを改善します。

 こう聞くと、プロスタグランジンは悪者のような感じがしますが、じつは胃の粘膜を保護する粘液の成分でもあります。つまり、NSAIDsがプロスタグランジンの生成を抑えると、痛みだけでなく胃の粘液の生成も抑制してしまうのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる