著者のコラム一覧
西内義雄医療・保健ジャーナリスト

医療・保健ジャーナリスト。強みは各地に顔見知りの保健師がいること。両親&義両親の介護・看取りを経験。

要介護認定がなくても利用できる高齢者支援サービスを知っておく

公開日: 更新日:

 日本は65歳以上を高齢者と呼び、誕生月になると介護保険証が届く。支援や介護という言葉がいやでも身近に迫ってくる瞬間だ。

 とはいえ、自分が高齢者の仲間入りしたことに納得いかないと息まくご仁が多いのも事実。もちろん元気ならそれでいい。問題は日常生活に支障があっても、要介護認定の申請をかたくなに拒否されてしまうことだ。

 ご存じのように要介護認定がないと、介護保険法によるサービスが原則利用できない。家族は困り果ててしまうのだが、実は認定がなくても利用できるサービスが存在する。そのひとつが、65歳以上なら誰でも利用可能な一般介護予防事業と呼ばれるもので、年齢を重ねても健康を維持できるような取り組みが用意されている。

 健診を受けたり健康教室に参加することでポイントが得られ、商品券などに交換することができる健康ポイント(マイレージ)事業を探すのも手だ。新潟県五泉市や福岡県遠賀町など、1万円以上の賞品が当たるところも珍しくない。対象年齢を高齢者に限っていないところも、プライドの高い両親に勧めやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」