嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

香港から帰国と情報が錯綜…「あら輝」店主にまつわる話

公開日: 更新日:

 前回、あら輝さんが帰ってくるらしいと書いたが、しばらくは香港から動かないという最新情報が入ってきた。周囲の目を引きながら邁進する人なのだ。僕が10年以上、観光大使を務めている熊本県荒尾市で育ったと聞いて、さらなるご縁を感じた。

 祖父は熊本の宴会場のコックさんで、料理の他に氷の彫刻なども得意だったそうだ。高校卒業後に料理人を目指して東京に出たが、最初から寿司職人を目指していたわけではなかった。箱根のマンモスホテルに就職して和食と寿司を5年。その後、横浜の居酒屋からとんかつ屋を渡り歩いた後、日本を飛び出してオーストラリアの和食の店に入った。

 その時たまたま見た雑誌で目黒の名店「いずみ」の大将が握った美しい寿司の写真を見て心引かれ、帰国して弟子入りをした。数年で板場を任されるようになったが、さらに視野を広げるために、休みの日には白洲次郎氏も通った銀座の「きよ田」に出向き、大将の新津さんから人としてのあり方も含めて指導を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る