日本生命・清水社長 ベンチャー投資枠を3倍に拡大する方針

公開日: 更新日:

 日本生命保険は7日までに、健康関連や人工知能(AI)、金融とITを融合させた「フィンテック」などの技術開発を手掛けるベンチャー企業向け投資を拡大する方針を明らかにした。現在の投資枠は100億円だが、4月から3倍の300億円に引き上げる。投資先の技術は、業務の効率化や保険の新商品、付帯サービスなどの形で事業に生かしたい考えだ。

 清水博社長(写真)はインタビューで「われわれがやりたいことと、われわれにない技術やアイデアを持つ企業が出会えば良いものができる」と狙いを説明。既に100億円の枠の半分強は投資に使っており、「枠を広げればもっと良い機会に恵まれるのではないか」と期待を示した。

 日生は2018年12月からベンチャー向けの投資を開始。19年夏には、がんになるリスクを唾液で判定する技術を持つサリバテック(山形県鶴岡市)に約3億円を出資した。投資先を探すため米国や中国、英国にも駐在員を派遣している。

 これまでの投資対象は創業間もない企業が多かったが、今後は事業が軌道に乗った会社にも目を向ける方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  7. 7

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る