• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

抜群の眼力と交渉力 巨人は「原GM」で「松井監督」を支える

 一昨年のオフのことだ。巨人はヤンキースのマギーの獲得に乗り出していた。合意寸前だったが、土壇場で楽天にひっくり返された。条件は巨人の方が上回っていたともいわれる。「まさか……」と球団関係者の落胆は大きかったが、原辰徳監督(55)はこの時、リストに残っていたある外国人選手に目を留めた。シュアな打撃が日本球界向きと判断し、獲得を強く要望。指揮官のゴーサインにより、直後に入団が決定したのがロペスだった。さる球団関係者がこう言う。

「ネームバリューではヤンキースのマギーの方が上だった。新外国人を獲得する際は原監督が候補者の映像をチェックすることになっている。現場の要望は右の強打者で一塁か二塁が守れるだったが、最初からマギーよりロペスの方が気になっていたみたい。今となってはロペスを獲得してよかったと、改めて原監督の眼力の評価が上がっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る