抜群の眼力と交渉力 巨人は「原GM」で「松井監督」を支える

公開日: 更新日:

 一昨年のオフのことだ。巨人はヤンキースのマギーの獲得に乗り出していた。合意寸前だったが、土壇場で楽天にひっくり返された。条件は巨人の方が上回っていたともいわれる。「まさか……」と球団関係者の落胆は大きかったが、原辰徳監督(55)はこの時、リストに残っていたある外国人選手に目を留めた。シュアな打撃が日本球界向きと判断し、獲得を強く要望。指揮官のゴーサインにより、直後に入団が決定したのがロペスだった。さる球団関係者がこう言う。

「ネームバリューではヤンキースのマギーの方が上だった。新外国人を獲得する際は原監督が候補者の映像をチェックすることになっている。現場の要望は右の強打者で一塁か二塁が守れるだったが、最初からマギーよりロペスの方が気になっていたみたい。今となってはロペスを獲得してよかったと、改めて原監督の眼力の評価が上がっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る