松井秀喜が語った 「臨時コーチ」「監督問題」「NYライフ」

公開日: 更新日:

「最も多くのことに影響を受けましたからね。自分が若い時にいろいろなこと、野球選手にとって大事なことを刷り込んでいただきましたから。自分はグラウンド外での接点も多かった。そういう意味で、本当にさまざまなところで影響を受けていると思いますよ」

■「監督をやりたいと思ったことはない」

――原監督にはどんな印象をもっていますか。
「尊敬する先輩ですし、選手、コーチとして一緒に戦った方ですから。いまでは大監督の域に達しているんじゃないかと、僕自身は思いますけどね」

――これまでプロ、アマ問わず、監督をやりたいと思ったことはありますか。
「ありません」

――1度も?
「ええ」

――高校野球の監督はどうでしょう?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る