4連勝で首位浮上の阪神 “岡田待望論”噴出で尻に火か?

公開日: 更新日:

 24日に首位に浮上した阪神は現在、引き分けを挟んで4連勝と好調を維持している。

 連勝が始まったのは16日。親会社の阪急阪神HDの株主総会が行われた日だ。日本ハムとの試合を控えた当時の阪神は、4連敗中で借金3。株主からは「阪神タイガースは80周年だが、はっきりいってダメ。来シーズンは岡田(彰布)さんを監督にしたらいい」と、岡田元監督の再登板を求める意見が出て、面白がったスポーツ紙がそれを大きく取り上げた。

 そこからチームは息を吹き返したのだから、阪神の周辺では「岡田元監督の名前が出てきたからじゃないか」との声も聞かれる。

 岡田元監督の再登板を求める声は昨年もあった。球団は8月末に和田監督の続投を表明していたが、9月に6連敗を喫して失速。「2位なら続投、3位以下なら解任」の方針が固まると、関西マスコミは「岡田監督が急浮上」と報じた。最終的に3位広島と0.5ゲーム差でかろうじて2位を死守。CSで巨人を破り、日本シリーズにも進出した和田監督の続投が決まり、「岡田再登板」のプランは吹き飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る