• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4連勝で首位浮上の阪神 “岡田待望論”噴出で尻に火か?

 24日に首位に浮上した阪神は現在、引き分けを挟んで4連勝と好調を維持している。

 連勝が始まったのは16日。親会社の阪急阪神HDの株主総会が行われた日だ。日本ハムとの試合を控えた当時の阪神は、4連敗中で借金3。株主からは「阪神タイガースは80周年だが、はっきりいってダメ。来シーズンは岡田(彰布)さんを監督にしたらいい」と、岡田元監督の再登板を求める意見が出て、面白がったスポーツ紙がそれを大きく取り上げた。

 そこからチームは息を吹き返したのだから、阪神の周辺では「岡田元監督の名前が出てきたからじゃないか」との声も聞かれる。

 岡田元監督の再登板を求める声は昨年もあった。球団は8月末に和田監督の続投を表明していたが、9月に6連敗を喫して失速。「2位なら続投、3位以下なら解任」の方針が固まると、関西マスコミは「岡田監督が急浮上」と報じた。最終的に3位広島と0.5ゲーム差でかろうじて2位を死守。CSで巨人を破り、日本シリーズにも進出した和田監督の続投が決まり、「岡田再登板」のプランは吹き飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る