4連勝で首位浮上の阪神 “岡田待望論”噴出で尻に火か?

公開日:  更新日:

 24日に首位に浮上した阪神は現在、引き分けを挟んで4連勝と好調を維持している。

 連勝が始まったのは16日。親会社の阪急阪神HDの株主総会が行われた日だ。日本ハムとの試合を控えた当時の阪神は、4連敗中で借金3。株主からは「阪神タイガースは80周年だが、はっきりいってダメ。来シーズンは岡田(彰布)さんを監督にしたらいい」と、岡田元監督の再登板を求める意見が出て、面白がったスポーツ紙がそれを大きく取り上げた。

 そこからチームは息を吹き返したのだから、阪神の周辺では「岡田元監督の名前が出てきたからじゃないか」との声も聞かれる。

 岡田元監督の再登板を求める声は昨年もあった。球団は8月末に和田監督の続投を表明していたが、9月に6連敗を喫して失速。「2位なら続投、3位以下なら解任」の方針が固まると、関西マスコミは「岡田監督が急浮上」と報じた。最終的に3位広島と0.5ゲーム差でかろうじて2位を死守。CSで巨人を破り、日本シリーズにも進出した和田監督の続投が決まり、「岡田再登板」のプランは吹き飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る