4連勝で首位浮上の阪神 “岡田待望論”噴出で尻に火か?

公開日:  更新日:

 24日に首位に浮上した阪神は現在、引き分けを挟んで4連勝と好調を維持している。

 連勝が始まったのは16日。親会社の阪急阪神HDの株主総会が行われた日だ。日本ハムとの試合を控えた当時の阪神は、4連敗中で借金3。株主からは「阪神タイガースは80周年だが、はっきりいってダメ。来シーズンは岡田(彰布)さんを監督にしたらいい」と、岡田元監督の再登板を求める意見が出て、面白がったスポーツ紙がそれを大きく取り上げた。

 そこからチームは息を吹き返したのだから、阪神の周辺では「岡田元監督の名前が出てきたからじゃないか」との声も聞かれる。

 岡田元監督の再登板を求める声は昨年もあった。球団は8月末に和田監督の続投を表明していたが、9月に6連敗を喫して失速。「2位なら続投、3位以下なら解任」の方針が固まると、関西マスコミは「岡田監督が急浮上」と報じた。最終的に3位広島と0.5ゲーム差でかろうじて2位を死守。CSで巨人を破り、日本シリーズにも進出した和田監督の続投が決まり、「岡田再登板」のプランは吹き飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る