平昌、東京と続いても 22年冬季五輪は北京で“確定”の理由

公開日:  更新日:

 22年冬季五輪招致のキーワードは「独裁」のようだ。

 当初22年五輪の招致レースには、ミュンヘン(ドイツ)、サンモリッツ(スイス)、ストックホルム(スウェーデン)、クラクフ(ポーランド)、リビウ(ウクライナ)、オスロ(ノルウェー)、アルマトイ(カザフスタン)、北京(中国)が興味を示していたが、財政面の問題などから次々に撤退。今月31日に行われる国際オリンピック委員会(IOC)の総会では、アルマトイと北京の一騎打ちとなった。

 北京に決まれば、18年平昌(韓国)、20年東京と、アジアで3大会連続の開催となる。アルマトイを有するカザフスタンは地理的には中央アジアの西端でも、ヨーロッパに属している。北京は08年に夏季五輪を開催している点もマイナス材料とみられている。

 しかし、米国のあるメディア関係者はこんな見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る