日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌、東京と続いても 22年冬季五輪は北京で“確定”の理由

 22年冬季五輪招致のキーワードは「独裁」のようだ。

 当初22年五輪の招致レースには、ミュンヘン(ドイツ)、サンモリッツ(スイス)、ストックホルム(スウェーデン)、クラクフ(ポーランド)、リビウ(ウクライナ)、オスロ(ノルウェー)、アルマトイ(カザフスタン)、北京(中国)が興味を示していたが、財政面の問題などから次々に撤退。今月31日に行われる国際オリンピック委員会(IOC)の総会では、アルマトイと北京の一騎打ちとなった。

 北京に決まれば、18年平昌(韓国)、20年東京と、アジアで3大会連続の開催となる。アルマトイを有するカザフスタンは地理的には中央アジアの西端でも、ヨーロッパに属している。北京は08年に夏季五輪を開催している点もマイナス材料とみられている。

 しかし、米国のあるメディア関係者はこんな見方をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事