• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本いきなり剣が峰 UAE戦黒星でもハリル監督でいいのか

 リオ五輪を熱心にテレビ観戦し、日本選手のメダルラッシュに喜びを隠さなかったハリルホジッチ日本代表監督。ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦(1日=埼玉スタジアム)を1―2の逆転負けで落とし、一夜明けて2日になっても「サッカーには、五輪みたいにチャレンジという制度はないのか!」と大声を上げて叫びたいことだろう。

 前半11分にFW本田圭佑(30=ミラン)が先制のヘディングシュートを決めた。だが、日本の見せ場はここまでだった。

 その9分後。DF吉田麻也(28=サウサンプトン)が、ゴール正面15メートルの地点で相手選手を倒してしまい、微妙な判定の末に与えたFKを叩き込まれてしまった。

 後半9分には、日本のペナルティーエリア内で相手MFを日本の3選手で囲い込み、この試合がA代表デビューのMF大島僚太(23=川崎)がボールを奪おうとした場面でUAE選手が大げさに倒れ、これをPKと判定されて日本はあっさりと逆転されてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る