日本いきなり剣が峰 UAE戦黒星でもハリル監督でいいのか

公開日:  更新日:

 リオ五輪を熱心にテレビ観戦し、日本選手のメダルラッシュに喜びを隠さなかったハリルホジッチ日本代表監督。ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦(1日=埼玉スタジアム)を1―2の逆転負けで落とし、一夜明けて2日になっても「サッカーには、五輪みたいにチャレンジという制度はないのか!」と大声を上げて叫びたいことだろう。

 前半11分にFW本田圭佑(30=ミラン)が先制のヘディングシュートを決めた。だが、日本の見せ場はここまでだった。

 その9分後。DF吉田麻也(28=サウサンプトン)が、ゴール正面15メートルの地点で相手選手を倒してしまい、微妙な判定の末に与えたFKを叩き込まれてしまった。

 後半9分には、日本のペナルティーエリア内で相手MFを日本の3選手で囲い込み、この試合がA代表デビューのMF大島僚太(23=川崎)がボールを奪おうとした場面でUAE選手が大げさに倒れ、これをPKと判定されて日本はあっさりと逆転されてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る