日本いきなり剣が峰 UAE戦黒星でもハリル監督でいいのか

公開日:  更新日:

 リオ五輪を熱心にテレビ観戦し、日本選手のメダルラッシュに喜びを隠さなかったハリルホジッチ日本代表監督。ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦(1日=埼玉スタジアム)を1―2の逆転負けで落とし、一夜明けて2日になっても「サッカーには、五輪みたいにチャレンジという制度はないのか!」と大声を上げて叫びたいことだろう。

 前半11分にFW本田圭佑(30=ミラン)が先制のヘディングシュートを決めた。だが、日本の見せ場はここまでだった。

 その9分後。DF吉田麻也(28=サウサンプトン)が、ゴール正面15メートルの地点で相手選手を倒してしまい、微妙な判定の末に与えたFKを叩き込まれてしまった。

 後半9分には、日本のペナルティーエリア内で相手MFを日本の3選手で囲い込み、この試合がA代表デビューのMF大島僚太(23=川崎)がボールを奪おうとした場面でUAE選手が大げさに倒れ、これをPKと判定されて日本はあっさりと逆転されてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る