「常識外のプレー」 菅野徳雄氏がA・パーマーの死を悼む

公開日: 更新日:

「ああいうゴルファーは二度と現れないでしょうね……」

 こう語るのは、アーノルド・パーマー(享年87)の突然の訃報に肩を落とすゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏だ。菅野氏が一番印象に残っているのは、昭和41年に東京よみうりCCで行われたカナダカップ(現ワールドカップ)だという。

「この大会は世界各国から36チーム72人が参加。団体優勝の米国は、メジャー通算7勝のパーマーと同年のマスターズと全英に勝ったニクラスが組んで、国内試合では見たこともない大ギャラリーを引き連れていました。当時はパーシモンのドライバーですが、ニクラスの打球はいきなり高い弾道で飛んでいくのに対し、パーマーの打球は地を這うように数十ヤード進み、そこから急に浮き上がる。弾道だけで、これはパーマーが打ったものだと分かりました。

 スイングが特別いいわけでもなく、パーマーフィニッシュといわれた左肘を上げる独特なフィニッシュは、日本のファンもよく真似ていました。超攻撃的なゴルフで、林に打ち込んでも50センチの隙間があればグリーンを攻める。パットは両膝をピタリとつけて下半身が微動だにしない。パーマーロックと呼ばれるスタイルで、20メートルのロングパットでもカップを狙う。常識外のプレーでファンを魅了した。あの時の一挙手一投足は、今でも脳裏に焼きついています。謹んでご冥福をお祈りします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る