本番前に露呈 4回転不調の羽生結弦に“ぶっつけ本番”不安

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの男子王者がピンチである。

 7日(日本時間8日)にはGPファイナル(フランス、現地8日開幕)の公式練習が行われ、史上初の4連覇を狙う羽生結弦(22)らが調整。3種類の4回転を試したが、ループとサルコーで精度を欠き、本番を前に不安を露呈した。

 ループとサルコーでは踏み切る足の刃が氷とかみ合わないそうで「少しはまってない感じ。軸の取り方がちょっとうまくいっていない。イメージトレーニングをして備えたい」と話した。

 先月のGPシリーズNHK杯では自身が史上初めて成功させた4回転ループを決め、今季世界最高となる合計301.47点で優勝。昨年はGPファイナル後に調子を崩しただけに、NHK杯後は、あえて練習量を抑えて調整し「追い込むだけの感じではなく、4回転を跳ばない日もあった」(羽生)という。

 本番では15年世界選手権覇者のハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)を上回る滑りを披露できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る