8強入り青森山田の“点取り屋” FW鳴海のゴールへの欲求

公開日: 更新日:

 タレント軍団がこの日も圧勝した。

 3日、高校サッカー3回戦の8試合が行われ、優勝候補の青森山田が宮城の聖和学園に5-0で勝利。初戦となった2回戦(対鵬翔=宮崎)に続く5点差の大勝で、2大会連続のベスト8に駒を進めた。

 昨年12月の高円宮杯U-18チャンピオンシップを制し、Jリーグのユースを含めた年代トップに立った青森山田。U-19日本代表GKでFC東京入団が内定している広末を筆頭に、千葉入りが決まっているMF高橋など多くのタレントを擁するが、彼らに負けじと気を吐いたのがFW鳴海彰人(3年)だった。

 前半アディショナルタイム1分。左からのクロスをペナルティーエリア内で絶妙トラップ。相手GKとDFの位置を確認した上で冷静にゴール右に押し込んだ。後半8分にもネットを揺らして2得点。夏の高校総体で7ゴールを挙げ得点王に輝いた点取り屋が、今大会2試合3得点と冬も主役に躍り出る気配である。

 フィジカルの強さとスピードを武器とするストライカー。強引なシュート、独り善がりなプレーも少なくないが、それもゴールに対する強烈なこだわりと欲求を持っているからこそ、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る