元代表GK田口光久氏 かつて率いた青森山田の初Vを予想

公開日: 更新日:

 5日に準々決勝4試合が行われ、7日の準決勝は大阪・東海大仰星―青森・青森山田、群馬・前橋育英―栃木・佐野日大の組み合わせとなった。

 波乱は、Jリーグ内定3選手を擁して、連覇を狙っていた福岡・東福岡。格下の東海大仰星を圧倒的に押し込みながら後半26分、CKの混戦からコボレ球を押し込まれ、そのまま逃げ切られた。

 ダントツの実力校が姿を消し、これで一気に優勝候補に躍り出たのが、昨年12月に高校世代最強を決める「高円宮杯U―18チャンピオンシップ」でJクラブ強豪を抑えて優勝した青森山田である。

 この日の埼玉・正智深谷戦では、先制点を決めたFW鳴海、2点目を決めたMF高橋を中心に攻撃陣がアグレッシブに攻め立て、守ってはU―19代表の正GK広末がスーパーセーブを披露。終わってみれば3―1のスコア以上の快勝劇だった。 現場で取材した元青森山田高サッカー部監督の田口光久氏(元日本代表GK)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る