オマルのために会場変更 日本代表を待ち受けるUAEの罠

公開日:

 18年ロシアW杯アジア最終予選の今年の初戦となるUAE代表戦が迫った。

 23日、オマーン国境に近い東部アルアインで行われるが、当初はペルシャ湾に面したアブダビで開催される予定となっていた。実際、昨年の最終予選ホーム2試合(タイ戦、イラク戦)はアブダビで実施されている。

 どうして日本戦の会場が変更されたのか?

 UAE代表は国内リーグ強豪のアルアイン、アルアハリ所属の選手が過半数を占める。中でもアルアインの天才レフティーのMFオマルは、代表でも絶対的なエースとして君臨。昨年9月の埼玉スタジアムでの最終予選初戦・日本戦でもアフロヘアをなびかせ決定機を演出。格上の日本を2―1で破る立役者となった。

「UAE協会は、オマルに気持ち良くプレーさせるのが、日本とのホーム戦のカギを握る――という認識で一致している。オマルが慣れているスタジアムに変更するなど朝飯前。自陣でボールを持った瞬間、前線の味方選手に30~40メートルのピンポイントパスを通していくオマルが、一番プレーしやすいように芝生の長さも彼好みに切りそろえ、満を持して日本を迎え撃つ」(サッカー記者) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る