連盟はメダルに未練も…大麻スノボ選手“更生離脱”の余波

公開日: 更新日:

「スキーとスノボーは別の競技ですから、統括する団体も違っていた。ところが、若者人気でカネになると見た国際オリンピック委員会(IOC)が、スノボーを国際スキー連盟(FIS)の傘下に入れた。来年の平昌五輪では、スキージャンプのような急傾斜面を滑降し、踏み切り台から空中に飛び出しエア(技)を見せる、ビッグエアという若者に大人気の種目も採用された。スノボー選手は10~20代の若者ばかりで事件が多発する。昔のように『スキーとスノボーの団体は2つに分けるべき』という者は少なくないのです」

 その一方でこんな声もある。

「冬季五輪はメダルが狙える競技が少ない。夏季の金メダルは昨年のリオだけで12個なのに、冬季の金は過去の総計が10個です。平昌も金候補は、女子ジャンプの高梨(沙羅)に、女子スピードスケートの小平(奈緒)、男子フィギュアの羽生(結弦)ぐらいですが、スノボーのハーフパイプやパラレル、ビッグエアもメダルの有力種目です。スノボーの選手は五輪のメダルより、プロ大会で賞金を稼ぐ方が魅力という者が多いものの、26年に札幌冬季五輪を実現させたいスキー連盟や日本オリンピック委員会(JOC)からすれば平昌のメダルラッシュで機運を盛り上げたい。スノボー選手は貴重な戦力なのです」(別の関係者)

 ギリギリの処分解除はあるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る