権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

日本シリーズ裏で敗者がキャンプ開始 大事なのは春より秋

公開日: 更新日:

 日本シリーズの裏で、敗者たちの戦いが始まっている。新監督を迎えた巨人阪神も秋季キャンプをスタート。どちらも、多くの試合を組んで実戦中心の内容になるそうだが、秋のキャンプはまさに「戦い」だ。長い指導者人生、私は「この時季の練習が、最も大事だ」と、徹底的に選手を鍛えた。

 思い出すのが、横浜の監督に就任した直後の1997年の秋。選手には事前に「ガンガンやる。覚悟しておけ。ただし、3勤1休でしっかり休みもやる。ゴルフバッグを忘れるな」と伝えてあった。「えっ、ゴルフはOKなんですか?」と驚く選手もいたが、いざ練習を始めると、すぐにゴルフなんてとんでもない、という雰囲気になった。

 投手陣にはイヤというほど走り込ませた。投げ過ぎて潰れたヤツはいても、走り過ぎて潰れたヤツはいない、が持論。中でも、選手が悲鳴を上げたのが、50メートルのインターバル走だった。全力で走らせた1本目のタイムをその選手のベストタイムとし、プラス0・3秒までが合格。30本クリアするまで、延々とダッシュを繰り返すのだ。0・1秒でも遅れたら不合格。20本目あたりから、誰も口をきかなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る