八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

アジア杯はW杯とは「真逆の戦い方」が必要となってきます

公開日:

 アジア最高峰の大会であるアジアカップが5日に開幕しました。日本は1992年広島大会で初優勝して以来、4度のアジア王者に輝いています。

 この27年間でチャレンジャーだった日本代表は立ち位置がすっかり変わり、アジアでは常に優勝候補として「勝つのが当然」とメディア、サポーターたちはとらえています。そういえば――。

 アジアカップ前、マルセイユに所属するDF酒井宏樹が「W杯を戦うブラジルの心境が理解できる」と話していました。

 FC東京のSB室屋成は「自分たちがボールを握るシーンが多くなると思う。カウンターに気を付けないといけない」と警戒していました。

 アジアカップの傾向として日本、韓国、オーストラリア、イランなど実力国に対して対戦相手はガッチリ守備を固め、鋭いカウンターを仕掛けてきます。これこそがアジアカップならでは、の難しさというわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る