佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

“幻の日本vsブラジル戦”を追って 南部ポルト・アレグレへ

公開日: 更新日:

 ブラジル南部の都市、ポルト・アレグレを初訪して思ったことがふたつある。

 ひとつはサンパウロから空路1時間強の距離にもかかわらず、気温差が激しくて寒かったこと。もうひとつは実に美人が多いことだった。要はジゼル・ブンチェンやアレッサンドラ・アンブロージオ(ともにリオグランデ・ド・スール州出身の世界で活躍するスーパーモデル)と同郷のボニータ(ブラジル美人)たちが目の前を頻繁に通り過ぎるのを目にして、気分良く活動出来る街だと確信した。

 コパ・アメリカ2019準々決勝ブラジル対パラグアイの試合会場に向かう車窓から、スタジアムの近くにトタン屋根の景色が広がる。ファベーラ(ブラジルの、スラム街)だ。あのロナウジーニョ・ガウーショもこの街のファベーラから巣立ってレジェンドとなった。ブラジルワールドカップで訪れた5年前、リオのファベーラへも足を運んだが、洗練された都会のソレとは異なった“本物のブラジルの匂い”を瞬時に嗅ぎ取れる光景だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る