体操ジャパン失速の銅…後半ミス連発で「相手が上だった」

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(独シュツットガルト)は9日、男子団体総合決勝を行い、日本は合計258・159点で、2大会連続の銅メダル。2015年大会以来の世界一を逃した。

 予選3位の日本は前半3種目を終えて首位に立ちながら、後半にミスを連発。平行棒で神本雄也(25)がバーに体を当てて減点。最後の床運動では橋本大輝(18)が着地で尻もちをついて得点を伸ばせなかった。

 2強であるロシア、中国の後塵を拝し、日本協会の水鳥寿思男子強化本部長は「選手は去年よりも成長したが、それ以上に相手が上だった」と完敗を認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る